2009.11.10(Tue)
Which one is moving ?
f0029635_1543223.jpg

:: Leicester Square, London.



この間、TVで欧米人と東洋人のモノの捉え方の違いをやっておりました。
おおまかには、考え方とか違うんだろうなとは思ってはいましたが、
その実験というものが結構おもしろいものでした。

いくつかのパターンをやっていたのですが、
どれも、ある物体と背景との前後関係を見てどう捉えるかというものでして、
統計的にみて、欧米人というものは背景になにがあろうと、それとの関係性には
注目せず、そこに存在する物体のみを見て判断するというモノの捉え方をするとのこと。

それとは逆に東洋人というものは、そこに存在する物体とその背景にある状況・環境を
考慮してそのモノを捉えるというものでした。

一つの例として、簡単に挙げてみると。。。
風船が飛んでいる絵をお互いに見せてみる。
この風船はなぜ飛んでいるのか??というものです。

なぜ、飛んでいると思いますか??



欧米人は、この風船が持っている空気によって空を飛んでいると考える傾向があるようです。
東洋人は、この風船は、風に乗って空を飛んでいると考える傾向があるようです。
これはかなり面白い結果ですね。

そのようにモノを捉える人が多いと言うことで、必ずしもという事ではないようです。
どちらが、正解かという事ではなく、その場その場での視点の柔軟性を上手くバランス良く
持てるかという事が大事な様な気がします。

このような視点の違いを考慮した上で、世界中の人々とコミュニケーションをとることで
また違った答えを産み出すことができるのではないでしょうかね。。。♪

身近にいる人々との間でも当てはまるような気がします。
同じモノ・色を見ても、実は、それぞれ全く同じように見えているのかは
誰にもわかりませんしね。。。
[PR]
by fs-ken | 2009-11-10 15:41 | *London
<< 2009.11.11(Wed) 2009.11.3(Tue) >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30